薄毛の悩み

それは三年前のことです。なじみの美容院でカットしていたところ、スタッフの方が少し声を落として呟いた。
『○○さん、だいぶん上のほうが薄くなってきましたね』
鏡越し、思わず見返したスタッフの顔には『同情』という文字が張り付いていた。
私はもともとオシャレとかに無縁で、ゆえに髪にも無頓着。
普段から必要最低限の身だしなみしかしない私が、自分の頭頂部など見るはずもなく、人に指摘されるまで気づくことはなかったのです。薄毛になっていたなどとは。
けれど人に指摘されれば、それはそれで相当ショックなもので、苦笑いでごまかしながらその場をやり過ごし、帰宅してすぐさまネットで検索、少しでも効果のありそうな育毛剤を捜しました。もちろん今すぐでなくとも先行きの事を考えて、部分ウイッグなるものも購入した。
しかし薄毛を意識し始めれば、いやでも気づかされることもある。それは、洗髪の時の抜け毛の多さ。
抜け毛の原因には喫煙やアルコールの過剰摂取などで血流を悪くする生活習慣の乱れ、またパーマやカラーリング、間違った方法でのシャンプーの繰り返しなどで頭皮や毛根を傷つけることにある。その他にも抜け毛の原因はいろいろあるが、こうしたことをひっくるめて普段からケアしてこなかったことが悔やまれる。
私は育毛剤ナノインパクト100が届いたその日かラさっそく使用をはじめたが、それでもすぐさま結果が出るわけでなく、毎日風呂上がり、丹念に育毛剤を塗り込みマッサージを施した。一カ月が過ぎ、二カ月がたち、それでも鏡をかざしてみれば頭頂部は変わり映えなく、地肌が見える状態のまま。やがて気が付けば、三年の歳月がたちました。正直、今も状態はそれほどよくなっているわけではありません。それでもケアは丹念に続けています。すべてが改善されたわけではありませんが、それでも抜け毛は減り、行きつけの美容師さんは薄毛がごまかせるような髪型を提案してくれます。
「もっと早くにケアしていれば……」後悔は消えませんが、とりあえずは抜け毛にストップがかけられたことに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です