37歳で初めて発症した口唇ヘルペス

37歳の時に初めて口唇ヘルペスを発症しました。口角に何かピリピリする痛みを感じるなと思っていたら、小さな水ぶくれができ、そして潰れカサブタになりました。カサブタになったからもう治るかなと思ったら、またすぐ水ぶくれ、ピリピリとした痛み、つぶれる、カサブタができるを繰り返しました。当初、ただの口角炎だろうと思っていましたが、さすがにおかしいと思い、ネットで症状から調べてみました。するとそれは口唇ヘルペスの症状に合致したのです。その時初めて、こんな病気があるのだと知りました。
口唇ヘルペスはそのまま放置した状態だと、症状を何回も繰り返します。しかも、どんどん患部が広がっていくので、食事をする時口を開けるのもかなり痛みを伴うようになりました。本来は皮膚科へ受診しなければいけなかったのですが仕事でなかなか行くことができず、ネット通販で薬を購入しました。軟膏を塗り始めて翌日にはピリピリとした痛みは治まってきました。ただ患部がキレイな状態に戻るまでには1ヶ月近くかかりました。もっと早く治療を受けていれば、短期間でキレイに治ったのだと思います。
それから2年後にも1度再発を経験しました。風邪をひいた時に発症しました。その時は、薬局で口唇ヘルペス治療薬のアクチビア軟膏を買って塗って治しました。それからはなるべく再発しないよう、体調管理に気を配っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です